予算委員会質疑 平成28年3月11日

予算委員会質疑  平成28年3月11日

 

(長田委員長) いとう委員。

(いとう委員) 民主党・かながわクラブのいとう康宏です。よろしくお願いいたします。

私からは最初に、電気自動車と燃料電池自動車の普及について伺います。

間もなく東日本大震災発生から5年目を迎えます。私たちは、あの地震や津波による発生した災害や東京電力福島第一原子力発電所の事故から、さまざまな教訓を得ました。特にエネルギー問題や環境への影響などは、本県のその後の政策展開にも大きな影響を与えたものと受けとめています。そのような観点から、私からは、かながわスマートエネルギー計画の中で、安定した分散型電源の一つとして導入拡大に取り組んでいる電気自動車、燃料電池自動車に着目し、環境の観点も含め、何点か伺います。

まず、「スマートエネルギー計画」における電気自動車の普及目標ですが、2017年度1万8,900台と掲げています。私が調べた台数ですと、2010年12月から本年1月までの累計登録台数は、5,918台となっています。6,000台弱ですと、目標に対して普及のペースが遅いように思いますが、普及が進まない課題は何か、また目標達成に向けた見通しをどのように考えているのか伺います。

“予算委員会質疑 平成28年3月11日” の続きを読む